• ホーム
  • >  先輩インタビュー【機能訓練指導員】

先輩インタビュー

ここでなら治療院に近い形で
仕事が出来ると思いました。

転職活動をしているときに、インターネットでGENKINEXTの求人を見つけました。柔道整復師として介護施設で働く場所があるんだと、その時初めて知りました。介護施設は食事や入浴介助を行う一日のデイサービスのイメージしかなかったので多少の不安はありました。でも実際に現場を見てみると、雰囲気や明るさ・ご利用者様の自立度も想像の範囲を超えて違っていました。ここでなら治療院に近い形で仕事が出来ると思い入社を決めました。

一番のやりがいはご利用者様から
多くの感謝のお言葉を頂けること。

入社後は施設長、技術指導員、マネージャーとキャリアアップをさせて頂きました。施設長として店舗を任された時、運営やスタッフマネジメントの大切さと同時に難しさを実感しました。しかし、ご利用者様やご家族の方から感謝のお言葉を頂けたことがやりがいと活力になり、その後の成長の糧になりました。特に2年間施設長として働いていた施設を離れることになった際に、ご利用者様から泣いて引き止められたことは今でも忘れません。

ご利用者様の歩行改善が
自身の成長にも必ず繋がる。

GENKINEXTは治療家、介護職員、未経験の方等、多種多様な職歴をもつスタッフが多く、その中でチームをまとめることが一番大変でした。しかし共通している目的は同じ「本気でご利用者様の自立支援の為に取り組み、社会貢献を行うこと」です。超高齢化社会を迎え、介護施設のニーズは高まります。GENKINEXTの取り組みはその中でもご利用者様の改善結果や感謝のお言葉を頂くことが出来、自身の成長にも必ず繋がります。同じ志を持った方と一緒に働けることを楽しみにしています。