• ホーム
  • >  先輩インタビュー【生活相談員】

先輩インタビュー

高齢者の方に対して非常にポジティブに
向き合っている会社であることが魅力的でした。

大学で福祉、心理を学ぶ学科に所属し、対人援助分野全般について学びました。専攻は臨床心理学でしたが就職活動を進める中で高齢者福祉、その中でも特に介護予防という考え方に興味を持ち介護NEXTへ新卒で入社しました。
当時抱いていた、いわゆる「デイサービス」のイメージとは違い、明るく前向きな現場と感じ、お会いしたどのご利用者様もとても喜んで通われていることが印象的でした。
現在は生活相談員として、ご利用者様やご家族様の相談援助、ケアマネージャー様はじめ関係事業所様との連絡調整、帳票類の作成管理、営業等を主に行っています。

自分だけでなく共に働く周りの仲間達の力も伸ばしていく、そういった関わりのできるスタッフになることが今の目標!

生活相談員として様々な立場の方と接する中でコミュニケーションスキルが磨かれました。また施設長を経験させていただいたことがあり、施設運営全般に関わる知識、能力やチームビルディングのための考え方やスタッフへの関わりを学ばせていただくことができました。
失敗したことも多々ありましたが、ご家族様やケアマネージャー様に「柘植さんのいる施設だから任せられる」といっていただけたことや、スタッフから「柘植さんと一緒でなければ仕事を続けられなかった」と言ってもらえたこと等、成功体験も沢山ありました。

ご利用者様がよくなるためにどうしたらいいか
毎日真剣に話し合うことができ日々実践を重ねています。

スタッフ全員の仲が良いのはもちろん、尊敬、信頼しあい施設運営ができています。現場が主体性をもって施設を運営することができる環境で、自分たちで施設を作っているという意識を高く持ち仕事をすることができます。
私も社会人5年目となりましたので、自分が身につけた知識や経験してきたことをまわりのスタッフや後輩へ伝え、ともに学び高め合える関係作りをし、エリアやグループ全体の発展に寄与できるような人間を目指していきたいと思います。
そんな環境に志高く入社を希望する方を心よりお待ちしています。